コンサルティングの進め方

リスク・マネジメント・コンサルティング

キャプティブに出再する保険の対象につき、リスク・マネジメントの観点からコンサルティングをおこない、お客様のリスク・マネジメント態勢の構築に向けた効果的な対応策をご提供します。リスクは、一般的には保険でリスク・ヘッジしますが、リスク・マネジメントの専門家の検証を受けていない場合には、リスクへの対応が不充分な場合があります。

 

保険会社が引受けていないリスクである「免責(保険金を支払わない場合)」が種類、条件は異なりますが、どんな保険にもあるからです。

 

企業、組織全体のリスク・マネジメントや巨額の投資となるメガソーラー・プロジェクト等の個別事業おいては、リスク・マネジメントの専門家の関与は必須であると欧米ではされています。

 

 

キャプティブ・コンサルティングー事業化調査(フェーズ1)

元受保険会社との折衝、米国の保険数理士等の専門家とともに、ハワイ州もしくはミクロネシア連邦の保険法に基づくキャプティブの設立及び事業化が可能かどうか、FiRMSと連携して様々な検証、調査をおこないます。 

キャプティブ・コンサルティングー設立(フェーズ2)

事業化が可能と判断された場合、キャプティブ設立に向けてその作業と認可申請をおこない、設立認可取得後に資本金の払込、設立を完了して、運営開始を準備します。

キャプティブ・コンサルティングー維持管理(フェーズ3)

キャプティブの運営を開始し、維持管理をおこないます。元受保険会社と連携して、必要に応じて、再々保険の手配に係る定期的な折衝や監督官庁への報告、決算等をおこないます。

 

 

株式会社 グローバル・リンク

1000005

東京都千代田区丸の内1-8-3 

丸の内トラストタワー本館20階 

TEL03-6269-3488 (代表)

お問合せはこちらから

 

東京  nfo@glc-tokyo.com

        

名古屋     info@glc-tokyo.com 

お気軽にご相談ください